プレハブ冷蔵庫、プレハブ冷凍庫、恒温・恒湿室、急速冷凍設備のケイハン産業
http://e-ondo.com (イーオンドドットコム)  TEL:072-803-0601 FAX:072-803-0602

お問合せ・ご相談・御見積りは上記電話FAX、もしくはMail かお問合せコーナーから御願いいたします。


恒温恒湿室(恒温恒湿設備)

温度と湿度管理が重要な製品について概略を下記に説明致します。

種苗保管庫(種子冷蔵庫)、 お茶冷蔵庫、 ワイン貯蔵設備
工場製品、品質管理、保管等

恒温・恒湿室 

   
恒温恒湿室
恒温恒湿室制御盤

恒温・恒湿室
1ページ
種苗(種子)貯蔵庫種苗(種子)の貯蔵で最も重要な事は、いかに湿度を下げるかです。
一般に温度が10℃、湿度が50%とされていますが、タマネギの種子のように湿度を20%まで下げる
必要がある場合もあります。この場合は、冷凍機のみの除湿では不可能で、
乾式除湿方式が必要となります。

最適保管温湿度
温度0〜10℃ 湿度15〜50%

お茶貯蔵庫茶は貯蔵前には、含有水分が5%程まで乾燥されており、その保存には温度
とともに湿度の管理が大変重要となります。

最適保管温湿度
温度0〜5℃位 湿度50%位

ワイン貯蔵ワインは数千年前の昔から製造されて来ましたが、その製造及び保管は地下室や
洞穴で行なわれてきました。それは、温度と湿度の条件がワインの品質保持の為には重要な要素
になるからです。 現在は、ワインメーカーが発酵から保管まで完全な温度、湿度管理の元で、製造、
保管しています。しかし我々が消費する段階での保管が完全でなかったら、いくら高級なワインでも
品質の劣化は避けられません。完全な温度、湿度管理された保管室では10〜20年間は
保存が可能です。

最適保管温湿度
温度12〜14℃ 湿度55〜70%


ただいま無料相談受付中です。恒温・恒湿室、環境試験室などに関するご質問が
ございましたら、なんなりとお問い合わせ下さい。よろしくお願い致します。
(お問合せは見積もり、お問合せのページよりお願いいたします)


TOP PAGE

 プレハブ冷凍庫・プレハブ冷蔵庫 急速冷凍・急速冷却設備  恒温・恒湿室

防爆冷蔵庫他他取扱商品 冷凍機・冷蔵庫修理 各種食品貯蔵条件  価格表 

今月の特価商品  見積り・ご相談・お問合せコーナー 会社概要